第44回在日朝鮮学生美術展(島根浜田展)2016


 全国朝鮮学校の生徒たちの美術作品展が初めて浜田市で開催されます。
 このブログは学美浜田巡回展2016の情報発信サイトです。

★ご来場、ご協力ありがとうございました!★

ようやく「第44回学美浜田展 感想&報告集」が仕上がりました。

「来場者が選んだ『印象に残った作品』ランキングは必見、興味深いのもがあります。作品の写真は感想集に貼り付けています。 お楽しみください。


WS000000 浜田市、益田市の世話役の方、全国からの寄付、支援広告を出していただいた方、会場の世界子供美術館のスタッフの皆様、開会セレモニーでは、久保田浜田市長からもご臨席、祝辞を頂きお礼を申し上げます。
 ご来場、ご協力していただいた方、本当にありがとうございました。


KC4D0010
KC4D0005 初めての会場で設営準備をするのが楽しくなっています。

 京都、大阪、神戸から応援に来ていただいた朝鮮学校の先生たちに感謝です。

 「あまり無理をしないでください、と言う割には人使いが荒い」と褒めていただきました。


KC4D0001WS000006







52_n
 
設営班 集合写真 

 


 




IMG_3372


撤収班 集合写真 
 
ウルトラマンもお手伝いに駆けつけました。 私たちの会は「無敵」です。 


次回第45回は鳥取市にて2017年2月開催決定です。 次回もご支援ご協力 よろしくお願いします。
 

■学美展がやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!

浜田展A4最終日 時:2016年20日(金)~22日(日)
     午前9時30分~午後5時
会 場:浜田市世界こども美術館
 
    島根県浜田市野原町859-1 TEL.0855-23-8451
入場料: 無 料
主 催:在日朝鮮学生美術展山陰地区実行委員会
アクセス: ●JR山陰本線、浜田駅下車
      ●浜田駅より、島根県立大学行バスにて10分終点下車
      ●浜田自動車道、浜田I.Cより車で10分
      ●しまね海洋館「アクアス」より車で20分

20160216111423

■「在日朝鮮学生美術展」て何?

WS000001※写真は2015/10/18 44回学美倉吉展より

 全国60余校の朝鮮学校で学ぶ幼稚班(幼稚園)・初級部(小学校)・中級宇部(中学校)・高級部(高校)の子ども達の表現発表の場として東京、大阪、神戸、福岡などの日本の主要都市で毎年定期的に行っている巡回展です。

 山陰地区では2009年の第37回から41回まで倉吉市、鳥取市、米子市を巡回し、1999年まで朝鮮学校があった松江市で42回、縁結び出雲市で43回が開催されました。

 民族教育の取り組みの様子を知り、より深く理解することは外国人、とりわけ在日コリアンへの更なる理解と関心を深めるためにも有意義な機会です。

 今回浜田市で開催されることにより、山陰地区を網羅したことになります。今後は鳥取県、島根県で交互に開催し、日本学校との交流をより一層深めたいと考えています。

  毎年の全国審査会は8月東京朝鮮大学校にて行われ、9月から巡回展をスタートさせます。
 今回の浜田展は2015年度44回学美展の作品です。

 朝鮮学校の学生達の素直な心と、創意工夫に富んだ表現を体験しに足をお運びくださるようお願いします。

■朝鮮学校ってどんなとこ?

20160216160657※写真は2016年12月02日 44回学美大阪展より

 戦後在日朝鮮人が日本の朝鮮植民地支配によって奪われた言語や文化、歴史などを取り戻そうと、全国各地に「国語講習所」を作ったことが始まりです。

 1945年、日本は敗戦し、当時240万人にも上ると言われる在日朝鮮人は「祖国」に帰ることを待ち望みました。が、日本政府は日本人の朝鮮や中国からの引き上げを進めても、在日朝鮮人の帰国問題に対しては、責任をとろうとはせず、結果として60~80万人もの在日朝鮮人が日本に残らざるを得ませんでした。

 いずれは帰国したいと願う彼らは、それまでの間に朝鮮語を知らない子供たちに朝鮮語を教えるために国語講習所が作られたのです。 
 
 その後、戦後世界情勢の変化に伴い幾度の民族教育に対する弾圧・嫌がらせがありましたが、多くの支援する日本人・仲間と共に乗り越え、現在の朝鮮学校があります。

 少し詳しい「朝鮮学校年表」

■主催者はどんな団体ですか?

20160216161009「在日朝鮮学生美術展 山陰地区実行委員会」は2009年1月に結成されました。

 鳥取県倉吉市の小学校教師が岡山朝鮮初中級学校を訪れ、
公開授業で見かけた学美巡回展のポスターが忘れられず、東京出張のついでに川崎巡回展を覗いたのが、始まりでした。

 朝鮮学校の生徒たちが描いた作品は、
民族性も豊かで独創性に富んだものであり、どの作品からも感じられる躍動感や訴える力に圧倒され、すぐさま山陰地区での巡回展開催を申し入れ朝鮮学校の先生たちも呆れていたそうです。

 在日外国人の子ども達の教育問題にかかわってきたこともあり、美術展開催の呼びかけをしたところ、在日コリアン・教員・市民・新渡日の外国人などが参加し、約20人で鳥取展実行委員会を結成しました。それが「2009年第37回学美展鳥取展(倉吉展)」です。

 あれから7年。 今回の浜田展は鳥取だけでなく島根県の市民、在日コリアの協力を得て山陰全体の活動になりつつあります。 今後も朝鮮学校の歴史と民族教育理念に学びながら交流・理解・連帯を深めたいと思います。

「第37回在日朝鮮学生美術展」鳥取展 来場者900人超 来年も開催を [2009.4.10]

実行委に参加した鳥取青商会の思い ウリハッキョに理解を [2009.4.10]

※写真は2015/12/02 第44回学美大阪展より

■お問合せ

20160217184959お問合せ、ご指導ご鞭撻はこちらからお願いします。

お問合せ

名前とメールアドレスは必須です。



※写真は2016年12月01日 44回学美千葉展より

●学美浜田展通信 05/17

在日朝鮮学生美術展(浜田展)も3日後となりました。KC4D0002
http://gakubi44hamada.blog.jp/

浜田の関係者のご尽力と、
みなさんのご支援ご協力で成功させたいと思っています。
よろしくお願いします。

■19日(木)の準備設営について
 集合時間:13:00 打ち合わせ後作業開始
 集合場所:浜田市世界こども美術館
 作業内容
  1.掲示パネルの設置
  2.作品の移動、掲示
  3.キャプション配置 等

■準備終了後の懇親会について
 開始時間:18:00くらい
 会 場:「もらんぼん駅前店」
 http://meshinotane.com/moranbong/
 会 費:5000円程度
 学美山陰実行委員会はこども達の作品と「懇親会」で仲間を増やしています。
 皆様お誘い合わせのうえぜひご参加下さい。

●学美浜田展通信 04/18

48d8f3e8第三回実行委員会のお知らせ
日時:5月8日(日)14:00~
場所:松江市民活動センター(松江市白潟本町)
     2階 ミーティング室
1.期間中の宿泊、店番について
2.開催セレモニーと金誠民(キム・ソンミン)
先生による講演について
3.作品の搬入、搬出について
最終打ち合わせと個人宛の案内の配送作業をします。

■「44準備宿泊予定」を添付します。
 予定を書き入れて送り返して下さい。

■「44支援寄付広告のお願い」を添付します。
今回の浜田展は時期が合わず、助成金申請ができませんでした。
友人、周囲の方に寄付、
支援広告を呼びかける際に利用して下さい。

※写真は「子を守るおかあさんギツネ」  初級部5年生

●学美浜田展通信 03/14

WS000004■浜田展世話役について
 現在、江角敏和さん(浜田市議)、小川稔宏さん(浜田市議)の快諾を得ていますが、新たに 益田の「NPO法人多文化共生と人権文化(LAS)」
理事の永田賢治さんと元県職労役員山本尚樹さんの承諾を頂きました。
 代表世話役は江角敏和さんにお願いしました。
浜田市周辺のたくさんの方に呼び掛けていただいて浜田展を成功さ
せたいと思います。
 江角敏和さん、小川稔宏さん、永田賢治さん、山本尚樹さんよろし
くお願いします。

■名義後援の受付を3月3日で締めきりました。
 後援団体は計78団体です。
 http://gakubi44hamada.blog.jp/0308kouen.pdf
 ただいまポスター、チラシの校正をしていただいてます。
 校正確認後発注です。

■浜田市世界子ども美術館の館長さんからお便りが来ました。
 http://gakubi44hamada.blog.jp/0229kanntyouyori.pdf
 ・作品の事前搬入が出来そうです。美術館のご配慮に感謝です。
 ・片付け終了時間が17時になりました。
最終日の入場時間を16時までとします。承知ください。

■ポスター、チラシの配送作業について
 日時:4月2日(土)14:00~
 場所:浜田市総合福祉センター 会議室1
    (こども美術館の隣です)
 懇親会:もらんぼん駅前 会費:6000円程度 18:00~
     どっちかと言うとこちらがメイン行事です。
     配送作業、美術展に協力していただける方の参加大歓迎です。
     懇親会だけの参加もOKです。
 宿泊先:浜田ステーションホテル
     とりあえず10部屋予約しています。
     宿泊希望者は3月26日までに連絡下さい。

 ※写真は44回学美東海展(名古屋市博物館)より


●学美浜田展通信 02/15

WS000003※写真は2015/09/30 44回学美神戸展より

■2月14日(日)14:00から浜田市世界こども美術館と最終打ち合わせをしました。
出席者は
美術館 寺尾館長
倉吉班 三谷
松江班 芦原、阪本、赤井、森
浜田班 小川浜田市議、竹田さん
                                 
・展示室、展示方法を確認しました。       
                           
・作品の事前搬入をお願いし、検討中です。
・寺尾館長のご配慮により、
一番観客の多い5月に設定していただきました。感謝しています。
・市内の小学校、中学校のチラシ配布を提案。
小川市議に浜田市教育委員会への働きかけをお願いしました。
・「もらんぼん駅前店」に協力要請。懇親会はココに決めました。

■ポスター、チラシの配送作業の日程が決まりました。
日時:4月2日(土)14:00~
場所:浜田市総合福祉センター 会議室1
    (こども美術館の隣です)
懇親会:もらんぼん駅前 会費:6000円程度 18:00~
     どっちかと言うとこちらがメイン行事です。
     配送作業、美術展に協力していただける方の参加大歓迎です。
     懇親会だけの参加もOKです。
宿泊先:浜田ステーションホテル
     とりあえず10部屋予約しています。
     宿泊希望者は3月26日までに連絡下さい。
      
■鳥取県教育委員会の後援不承認について
 鳥取県教育委員会から下記を理由に後援不承認の通知が来ました。
(1)開催地が浜田市であり、全県的な規模の事業ではないため。
(2)
朝鮮学校で取り組まれている民族教育の理解を目的とした事業であ
ため。

勝手ながら、再考を促す文章を配達証明で送ってみました
ご確認下さい。
たぶん あと二、三回続くと思います。ご意見お聞かせください。
==============
追記
 平成28年3月7日付で「浜田展の後援不承認再考について(回答)」が届きました。
回答は「以前回答したとおりであり変更はありません」でした。
民族教育に対してこれほど愚弄した回答はなく、ましてや教育委員会の看板を掲げている団体の公式発表だと思うと悔しくて情けなくて仕方ありません。
マスコミや行政が問題にしないと「鳥取県教育委員会」は変われないのでしょうか?
来年度以降が楽しみです。
==============

■学美浜田展の運営費は寄付と広告料を予定しています。
 心の準備をお願いします。 

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: